小山教会ロゴ

小山教会ロゴ

トップページ   >   礼拝説教・週報一覧   >  暴力に晒された世界に響く神の皮肉

朗読箇所

四旬節第2主日

旧約 サムエル記上8:1-22

◆民、王を求める
1 サムエルは年老い、イスラエルのために裁きを行う者として息子たちを任命した。
2 長男の名はヨエル、次男の名はアビヤといい、この二人はベエル・シェバで裁きを行った。
3 しかし、この息子たちは父の道を歩まず、不正な利益を求め、賄賂を取って裁きを曲げた。
4 イスラエルの長老は全員集まり、ラマのサムエルのもとに来て、
5 彼に申し入れた。「あなたは既に年を取られ、息子たちはあなたの道を歩んでいません。今こそ、ほかのすべての国々のように、我々のために裁きを行う王を立ててください。」
6 裁きを行う王を与えよとの彼らの言い分は、サムエルの目には悪と映った。そこでサムエルは主に祈った。
7 主はサムエルに言われた。「民があなたに言うままに、彼らの声に従うがよい。彼らが退けたのはあなたではない。彼らの上にわたしが王として君臨することを退けているのだ。
8 彼らをエジプトから導き上った日から今日に至るまで、彼らのすることといえば、わたしを捨てて他の神々に仕えることだった。あなたに対しても同じことをしているのだ。
9 今は彼らの声に従いなさい。ただし、彼らにはっきり警告し、彼らの上に君臨する王の権能を教えておきなさい。」
10 サムエルは王を要求する民に、主の言葉をことごとく伝えた。
11 彼はこう告げた。「あなたたちの上に君臨する王の権能は次のとおりである。まず、あなたたちの息子を徴用する。それは、戦車兵や騎兵にして王の戦車の前を走らせ、
12 千人隊の長、五十人隊の長として任命し、王のための耕作や刈り入れに従事させ、あるいは武器や戦車の用具を造らせるためである。
13 また、あなたたちの娘を徴用し、香料作り、料理女、パン焼き女にする。
14 また、あなたたちの最上の畑、ぶどう畑、オリーブ畑を没収し、家臣に分け与える。
15 また、あなたたちの穀物とぶどうの十分の一を徴収し、重臣や家臣に分け与える。
16 あなたたちの奴隷、女奴隷、若者のうちのすぐれた者や、ろばを徴用し、王のために働かせる。
17 また、あなたたちの羊の十分の一を徴収する。こうして、あなたたちは王の奴隷となる。
18 その日あなたたちは、自分が選んだ王のゆえに、泣き叫ぶ。しかし、主はその日、あなたたちに答えてはくださらない。」
19 民はサムエルの声に聞き従おうとせず、言い張った。「いいえ。我々にはどうしても王が必要なのです。
20 我々もまた、他のすべての国民と同じようになり、王が裁きを行い、王が陣頭に立って進み、我々の戦いをたたかうのです。」
21 サムエルは民の言葉をことごとく聞き、主の耳に入れた。
22 主はサムエルに言われた。「彼らの声に従い、彼らに王を立てなさい。」サムエルはイスラエルの人々に言った。「それぞれ、自分の町に帰りなさい。」


新約 マルコによる福音書 1:9-11

◆イエス、洗礼を受ける
9 そのころ、イエスはガリラヤのナザレから来て、ヨルダン川でヨハネから洗礼を受けられた。
10 水の中から上がるとすぐ、天が裂けて“霊”が鳩のように御自分に降って来るのを、御覧になった。
11 すると、「あなたはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」という声が、天から聞こえた。

説教

暴力に晒された世界に響く神の皮肉

音声を聴く

  • 説教者  稲葉基嗣 牧師

     

    詩編というイスラエルの民の祈りのコレクションは、
    「幸いだ」という宣言から始まりました。
    そして、神に身を寄せて祈る者の幸いを祈った序曲の後に続いたのが、
    きょう一緒に読み交わした詩編第2編です。
    この詩編は、王の即位を祝い、喜びを歌っています。
    ただ、イスラエルの民がこの詩編を
    常に喜びのうちに歌っていたとは私には思えません。
    というのも、旧約聖書の時代、国の政治のあり方について、
    イスラエルの民の間にはふたつの考え方があったからです。
    ひとつは、神こそが王であるという考え方です。
    それは、この世界のすべてのものを造り、
    この世界のすべてを治める神が自分たちの王だから、
    人間の王など立てる必要などないという考え方でした。
    このような考えをもった人たちは、神こそが完全な権威を持っていて、
    この世界の混沌や悪を抑え込み、
    この世界に秩序をもたらすことが出来ると信じました。
    だから、神こそが王であると考える彼らにとって、
    人間の王など必要ありませんでした。
    でも、イスラエルには人間の王がいました。
    人間の王は必要だという声がイスラエルの民の間にあったからです。
    これが、旧約聖書に響く王についてのもうひとつの声です。
    自分たちが日々直面している法的、経済的、軍事的な問題に対して、
    神が無力だと感じる人たちがイスラエルの民の中にはいました。
    だからこそ、それらの問題を対処する
    人間の王が必要だと彼らは考えました。

    旧約聖書を読み進めると、
    神の思いがこの世界に反映されるように、
    神によって任命された人間の王が
    神に代わって国を治めることがひとつの理想であると
    イスラエルの民の間で考えられるようになっていったことがわかります。
    ただ、これは大きなふたつの声の戦いの結果、
    生まれた考え方といえます。
    なので、王をめぐるこのふたつの大きな声の戦いは、
    旧約聖書全体を通して常に響いています。

    さきほど読んだサムエル記の物語は、
    神のみが王であるという考えをイスラエルの民が拒絶して、
    人間の王を立てようとした動機が記録されています。
    自分たちを取り囲む他の国や他の民族と同じように、
    自分たちにも人間の王が必要なんだと民はサムエルに訴えました。
    それに対して、サムエルは警告します。
    もしも王を立てたならば、
    軍が整備され、望んでもいない人々が戦いへと駆り出されてしまう。
    財産を奪われ、搾取が生まれることになる。
    そのように、自分たちの選んだ王が原因で
    人々が泣き叫ぶ日が間違いなく来ることになる。
    サムエルはこのように警告をしましたが、
    それでもイスラエルの民は人間の王を強く願いました。

    その当時イスラエルの人たちがこのように願ったことは、
    それなりに納得できる理由があります。
    というのも、イスラエルはとても弱く、小さな民族で、
    常に周辺の民族から攻められ、支配される危険があったからです。
    アッシリア、バビロニア、ペルシア、エジプト、シリア、ローマと、
    彼らは様々な国に支配される経験をしました。
    大国による暴力に彼らは常に晒されていました。
    だからこそ、他の国や民族にならって、
    自分たちを守るために、彼らは理想の王を求めました。
    それは、暴力に晒された世界で彼らがたどり着いたひとつの答えでした。
    でもそれは、敵意と不信感に基づいた態度でした。
    周りの国や民族を信用できないから、
    自分の力は自分で守らなければいけないと彼らは考えました。

    そのような背景の中で導入された
    イスラエルの王政は成功したのでしょうか。
    王政は失敗だったと旧約聖書ははっきりと証言しています。
    国は南北に分裂しました。
    経済的に豊かになった時代はありましたが、格差は広がりました。
    貧困に苦しむ人たちや身寄りのない人たちを保護したり、
    格差をなくす努力を多くの王たちは怠りました。
    王政の腐敗は、国の腐敗にもつながりました。
    どれほど軍事力や経済力を身に付けたとしても、
    最終的には、北王国も南王国も
    自分たちよりも力のある国に滅ぼされ、支配されました。
    敵意と不信感に基づいて武装し続けても、
    軍事力の増強にいくら投資しても、
    決してイスラエルのもとに平和は訪れませんでした。

    そんな状況の中で、
    イスラエルの民はこの詩編を喜んで歌えたのでしょうか。
    理想に近い王など、いったいどれだけいたでしょうか。
    片手で数えるほどしかいなかったかもしれません。
    そのような中で詩編第2編を人々が喜んで祈れたとは思えません。
    むしろ、理想の王を求める叫びとして、
    この詩編は歌われたのでしょう。
    「神よ、あなたに従いながら、リーダーシップを発揮し、
    他の国には決して負けない力強い指導者を与えてください。
    格差に対処し、貧困に手を差し伸べる王を私たちは望んでいます。」
    この詩編を用いて祈りながら、
    人々がこのように神に願っていたことが想像できます。
    王が既にいる中で、人々が理想の王を求める。
    そんな皮肉に満ちた歌声が神殿には響き渡りました。

    国が滅びた後もこの歌は歌い継がれます。
    国が滅びたのに、王を求めるなんて、
    本来ならば馬鹿げたことです。
    でも、この詩編が私たちの手元にあるということは、
    国が滅び、王がいなくなった後も
    彼らがこの詩編を用いて祈り続けた証拠です。
    王がいなくなったとき、
    メシア、救い主が来るのを待ち望む歌として
    この詩編は用いられるようになりました。
    その時、彼らはこの詩編を用いて一体何を願ったのでしょうか。
    それは、他の国の支配から自分たちを解放する
    リーダーが現れることだったかもしれません。
    また、復興を導く人の登場を強く願ったかもしれません。
    いずれにせよ、喜びよりも、
    呻きにも似た願いとして、この歌は歌われたと想像できます。
    「神よ、私たちに王を与えてください」と。

    新約聖書に目を移してみると、新約聖書の記者たちは、
    この詩編の7節の言葉を引用することを好んだことに気づきます。
    「お前はわたしの子」という言葉を用いて、
    イエスさまこそ神の子であり、待ち望んでいたメシアだと、
    彼らは力強く宣言しました。
    さきほど読んだマルコ福音書は、
    イエスさまがバプテスマを受けたとき、
    イエスさまに向かって「あなたはわたしの愛する子」と
    神が語りかけた出来事を記録しています。
    詩編第2編を知っている読者は、
    イエスさまによって、この理想が実現することを期待したことでしょう。
    でも、福音書を読み進めていくと少しずつ疑問が湧いてきます。
    詩編には「わたしは国々をお前の嗣業とし
    地の果てまで、お前の領土とする。
    お前は鉄の杖で彼らを打ち
    陶工が器を砕くように砕く」と書いてあったけど、何かおかしい。
    イエスさまが圧倒的な力で権力を打ち砕いたり、
    ローマによる支配から人々を解放する運動を起こす気配はありません。
    むしろ、詩編第2編を通して思い描いていた
    期待や理想とは違うメシアの姿が描かれています。
    神に愛される子として、
    イエスさまを理想の王、
    待ち望んでいたメシアであるかのように提示しておきながら、
    福音書は期待していた通りにはイエスさまを描きません。
    イエスさまは権力を打ち砕くのではなく、
    権力の下で暴力に晒されます。
    不当な裁判を受け、有罪宣告を受け、ムチ打たれ、
    同胞に拒絶され、弟子たちからは見捨てられ、
    十字架の上で命を落としました。
    そう、暴力に晒された世界で、神が理想として示すのは、
    力強い王のようなリーダーではありませんでした。
    むしろ、傷つき、暴力に身を晒し続け、
    命を失った方を神は指し示しています。

    神が私たちに示す、傷ついたイエスさまの姿は、
    暴力に満ちる私たちの社会やこの世界に対する
    神の皮肉のように感じます。
    今、世界で起こっていることを見つめるとき、
    暴力がすべてを変えてしまうように私たちの目には映ります。
    暴力に対しては、それ以上の暴力で対抗するしか、
    平和を保つ方法がないように思えてしまいます。
    そんな発言が度々行き交います。
    そんな力で力を押さえつけるしかないように思える状況の中で、
    神がイエスさまを通して示されるのは、
    力を振りかざすことではなく、神の子が傷ついている姿です。
    暴力を前提とした平和ではなく、
    持っている力を脇において、
    相手を信頼し、身を委ねた、弱さに基づく平和を
    神は傷ついたイエスさまの姿を通して
    私たちに示しているのではないでしょうか。
    神がイエスさまを通して示そうとしているのは、
    そのような世界のあり方だと思います。
    暴力に基づく平和では、神の子を殺してしまう。
    暴力に基づく和解では、いつかまた更なる暴力を生んでしまう。
    夢物語のように思える理想像だなと、
    そんなの現実的でないと一蹴するのは簡単なことです。
    でも、このような夢を信仰に基づいて語ることを
    私たちは忘れてはいけないと思うのです。
    暴力に基づく平和ではなく、弱さに基づいた平和。
    それを伝える十字架の上で傷ついたイエス・キリストの姿は、
    暴力に晒された今の世界に響く神の皮肉です。
    力によってではなく、
    自分を無にすることによって、弱さによって、
    平和を築こうと神が示されたのですから。



週報より

  • 2022.03.13 週報より抜粋・要約

  • ・きょうはティータイム後に
    モレノ編集会を開きます。
    モレノ・チームの皆さまは
    付属館にいらしてください。   
    月報の編集・企画に興味がある方、
    きょうだけ参加してくださる方も、
    ぜひいらしてくださるとうれしいです。
    今週土曜日は午後2時から
    印刷製本をいたします。

    ・本日の礼拝は、
    稲葉基嗣先生が担当してくださいました。
    本来であれば両牧師は
    教団年会のため大阪に行くはずでした。
    来年こそはみんなで集まる年会を
    開催できることを願い、祈ります。

    ・日本キリスト教協議会(NCC)をとおして、
    ウクライナへ募金を始めます。
    NCCが世界各地の人道支援を目的として設立した、
    ACTジャパン・フォーラムをとおして、
    ACT アライアンスという、
    世界最大規模の
    キリスト教諸教会の設立した
    人道支援団体の、
    ウクライナ避難民に対する
    支援活動に用いられます。       

    ・あすは日本キリスト教協議会主催
    エキュメニズム研修会があります。
    神学校の卒業者を対象とした
    学びと交流の会で、学牧師が出席します。
    午後はキリスト教文書センター
    評議員会に出席します。

     


    ・書き損じ・出し忘れのはがきをください
    (アジア学院に寄付)
    ・洗礼(バプテスマ)・転会をご希望の方は
    牧師にお知らせください。


    小山駅・教会間の送迎(9:45東口出発)があります。
    詳しくは牧師にお尋ねください。


  • 以上

フッター画像