小山教会ロゴ

小山教会ロゴ

トップページ   >   礼拝説教・週報一覧   >  その希望は小さな音から始まった

朗読箇所

復活節第2主日

旧約 エゼキエル書37:1-14

◆枯れた骨の復活
1 主の手がわたしの上に臨んだ。わたしは主の霊によって連れ出され、ある谷の真ん中に降ろされた。そこは骨でいっぱいであった。
2 主はわたしに、その周囲を行き巡らせた。見ると、谷の上には非常に多くの骨があり、また見ると、それらは甚だしく枯れていた。
3 そのとき、主はわたしに言われた。「人の子よ、これらの骨は生き返ることができるか。」わたしは答えた。「主なる神よ、あなたのみがご存じです。」
4 そこで、主はわたしに言われた。「これらの骨に向かって預言し、彼らに言いなさい。枯れた骨よ、主の言葉を聞け。
5 これらの骨に向かって、主なる神はこう言われる。見よ、わたしはお前たちの中に霊を吹き込む。すると、お前たちは生き返る。
6 わたしは、お前たちの上に筋をおき、肉を付け、皮膚で覆い、霊を吹き込む。すると、お前たちは生き返る。そして、お前たちはわたしが主であることを知るようになる。」
7 わたしは命じられたように預言した。わたしが預言していると、音がした。見よ、カタカタと音を立てて、骨と骨とが近づいた。
8 わたしが見ていると、見よ、それらの骨の上に筋と肉が生じ、皮膚がその上をすっかり覆った。しかし、その中に霊はなかった。
9 主はわたしに言われた。「霊に預言せよ。人の子よ、預言して霊に言いなさい。主なる神はこう言われる。霊よ、四方から吹き来れ。霊よ、これらの殺されたものの上に吹きつけよ。そうすれば彼らは生き返る。」
10 わたしは命じられたように預言した。すると、霊が彼らの中に入り、彼らは生き返って自分の足で立った。彼らは非常に大きな集団となった。
11 主はわたしに言われた。「人の子よ、これらの骨はイスラエルの全家である。彼らは言っている。『我々の骨は枯れた。我々の望みはうせ、我々は滅びる』と。
12 それゆえ、預言して彼らに語りなさい。主なる神はこう言われる。わたしはお前たちの墓を開く。わが民よ、わたしはお前たちを墓から引き上げ、イスラエルの地へ連れて行く。
13 わたしが墓を開いて、お前たちを墓から引き上げるとき、わが民よ、お前たちはわたしが主であることを知るようになる。
14 また、わたしがお前たちの中に霊を吹き込むと、お前たちは生きる。わたしはお前たちを自分の土地に住まわせる。そのとき、お前たちは主であるわたしがこれを語り、行ったことを知るようになる」と主は言われる。


新約 コリントの信徒への手紙一 15:50-58


50 兄弟たち、わたしはこう言いたいのです。肉と血は神の国を受け継ぐことはできず、朽ちるものが朽ちないものを受け継ぐことはできません。
51 わたしはあなたがたに神秘を告げます。わたしたちは皆、眠りにつくわけではありません。わたしたちは皆、今とは異なる状態に変えられます。
52 最後のラッパが鳴るとともに、たちまち、一瞬のうちにです。ラッパが鳴ると、死者は復活して朽ちない者とされ、わたしたちは変えられます。
53 この朽ちるべきものが朽ちないものを着、この死ぬべきものが死なないものを必ず着ることになります。
54 この朽ちるべきものが朽ちないものを着、この死ぬべきものが死なないものを着るとき、次のように書かれている言葉が実現するのです。「死は勝利にのみ込まれた。
55 死よ、お前の勝利はどこにあるのか。死よ、お前のとげはどこにあるのか。」
56 死のとげは罪であり、罪の力は律法です。
57 わたしたちの主イエス・キリストによってわたしたちに勝利を賜る神に、感謝しよう。
58 わたしの愛する兄弟たち、こういうわけですから、動かされないようにしっかり立ち、主の業に常に励みなさい。主に結ばれているならば自分たちの苦労が決して無駄にならないことを、あなたがたは知っているはずです。

説教

その希望は小さな音から始まった

音声を聴く

  • 説教者  稲葉基嗣 牧師

     

    保育園や学校から帰ってきた子どもたちは、
    新しく覚えてきた遊びを私によく教えてくれます。
    ある日、子どもたちが見せてくれたのは、
    鬼とそれ以外の子たちの掛け合いが
    とても楽しく、可愛らしい遊びでした。

    おに  「トントントン」
    こども 「なんの音?」
    おに  「風の音」
    こども 「あー、よかった」

    おに  「トントントン」
    こども 「なんの音?」
    おに  「草の音」
    こども 「あー、よかった」

    おに  「トントントン」
    こども 「なんの音?」
    おに  「おばけの音」

    おばけが出たら、子どもたちは「きゃー」と叫びながら、
    鬼から逃げ始めます。

    「トントントン」
    「なんの音?」
    そう言って、子どもたちと一緒に遊んでみると、
    私たちのまわりにはどんな音があるのかを考えさせられます。

    きょう読んだ預言者エゼキエルが見た幻についての物語からも
    いろいろな音が聞こえてきそうです。
    ですから、きょうは私たちも一緒に耳を澄まして、
    この物語に問いかけてみましょう。
    「トントントン」「なんの音?」
    さぁ、どんな音が聞こえてくるでしょうか。

    「カタカタ」と。
    エゼキエルの預言を聞いて、骨が動く音が聞こえてきます。
    そして、骨と骨がぶつかり合う音が徐々に積み重なってきます。

    この骨からは、他にも音が聞こえてきたかもしれません。
    でも、正直、この音はあまり想像したくありません。
    どんな音なのかも想像しにくいのですが、
    それは肉や筋が骨につく音です。

    続けて聞こえてくるのは、ルーアハというヘブライ語の吹く音です。
    残念ながら、エゼキエル書37章では霊と訳されているため、
    あまり音がするように感じません。
    でも、ルーアハは霊以外にも、風や呼吸とも訳せます。
    呼吸と訳しても、風と訳しても、
    ある程度意味が通るので、意味を固定させるのも難しい単語です。
    なので、本当は日本語訳の聖書に脚注がほしいところです。
    いずれにせよ、風の音が聞こえてきます。
    あらゆる方角から、倒れた肉体に向かって、
    風が吹く音が聞こえてきます。
    そしてその光景はまるで、
    創世記1章に記されている、天地創造の物語のはじめに、
    神の霊が混沌の水の上を動いていた様子と重なります。
    この世界を造り、人間を造った神の力が
    この時、倒れた肉体に向かって吹きました。

    風が止むとどうでしょうか。
    呼吸の音が聞こえてきます。
    生き返り、立ち上がった人々の足音が聞こえます。
    「トントントン」
    「なんの音?」
    そう問いかけるとき、
    たくさんの音がこの物語の中で響いていることに気付かされます。

    でも、エゼキエルが霊によって連れて来られたところは、
    最初は何の音もしない、静かな谷であったことを忘れてはいけません。
    その谷には、枯れた骨があたり一面に広がり、
    その場所を死が支配していました。
    命の息吹も、命が芽生える可能性も感じられない。
    静かな、静かな谷であったことが想像できます。
    当時のこの地域で暮らしていた人々にとって、
    死体が放置されることは呪いでした。
    骨が完全に枯れ果ててしまうほどに、
    長い期間、遺体は徹底的に野ざらしにされ、放置されていました。
    骨になって枯れ果ててしまったため、
    獣たちや鳥たちが死体の肉を貪る音さえ聞こえてきません。
    そんな静寂が広がっていたことが容易に想像できます。
    神の指示に従って、その谷を歩き巡るエゼキエルの足音が
    その静寂の中で響き渡ります。
    骨を踏んでしまい、骨が砕ける音も時折聞こえてきます。

    骨で溢れるこの場所を歩きながら、
    エゼキエルは自分の経験を思い出したに違いありません。
    バビロニア軍に攻められた時、命を落とした仲間の姿。
    彼らの遺体が転がるそばを、歩いて、
    バビロニアへと強制的に彼は連れて来られました。
    エゼキエルが経験した、バビロニアへの捕囚という経験は、
    イスラエルという民族の死を象徴する出来事でした。
    まさに、この骨が広がる光景とその静けさは、
    エゼキエルとイスラエルの民が抱えた絶望と悲しみの象徴でした。
    将来に対する望みが全くない。
    「あぁ、自分たちはもうこのまま滅びゆくのみだ。」
    この幻を見たエゼキエルや、
    エゼキエルを通してこの幻の物語を聞いた
    彼の仲間たちの声が聞こえてきそうです。

    そんな悲しい静寂を打ち破ったのは、神の声でした。
    神はエゼキエルに問いかけます。
    「これらの骨は生き返ることが出来るか」。
    「出来るわけない。ありえない」と、即答したくなる質問です。
    でも、エゼキエルはこう答えました。
    「私の主であるヤハウェ、あなたのみが知っています。」
    神のみが骨がどうなるのかを知り、
    神こそがこの骨を生き返らせることが出来ました。
    「トントントン」「なんの音?」
    エゼキエルはどんな音を聞いたでしょうか。
    それは、墓が開く音です。
    この小さな音に耳を済まして、エゼキエルは預言を語りました。

    きょう、わたしたちはエゼキエルの物語が響かせる音に
    意識的に耳を傾けています。
    でも、エゼキエル書が語る復活の希望は、
    当時の人々にとって、とても小さな音だったと思います。
    というのも、エゼキエル書のこの幻が目指しているのは、
    死者の復活という希望を伝えることではなく、
    民族復興の希望を捕囚の地バビロニアで暮らすユダの人々に、
    イスラエルと呼ばれたこの人々に与えることだったからです。
    バビロニアへの捕囚によってイスラエルの民は
    バラバラになってしまいました。
    故郷の大地をまた踏み、
    その場所でイスラエルの民としてやり直せるなど、
    捕囚を経験したばかりの彼らにとって夢のまた夢でした。
    でも、そのあり得ないと思えることを神が実現してくださる。
    エゼキエルはそのあり得ないことが希望となることを伝えるために、
    死者が復活するという考えを比喩として用いました。
    でも、死者の復活という考えが比喩的に使われているからといって、
    死者が復活するということが馬鹿げた、ありえない考えだと、
    当時の人々に思われ、誰からも相手にされなかった
    というわけではないと思います。
    死者の復活という考えが微塵も信じられていないならば、
    エゼキエルがイスラエル復興の希望を伝えるために
    死者の復活についての考えを比喩的に用いるなんて馬鹿げています。
    誰も相手にするわけありません。
    でも、彼が死者の復活という考えを用いることが出来たのは、
    神の民の間で、小さな希望として、
    復活についての信仰が抱かれていた可能性があるからです。
    神が死者を復活させてくださる。
    エゼキエルの幻は、この希望の確信を告げるための小さな声でした。
    はじめは小さな小さな音でした。
    でも、この希望はやがて信仰者たちの確信に変わっていきます。
    「トントントン」
    「なんの音?」
    それは私たちの心からの希望を告げる音。
    墓が開く音です。

    ところで、私たちは今、この時代に、どんな音を聞いているでしょうか。
    エゼキエルのこの幻を読む時、私はどうしても
    ウクライナの市民の遺体が見つかったニュースを思い出してしまいます。
    銃声の鳴り響く音。
    悲鳴や泣き声。
    大切な場所から命からがら逃げてくる人々の足音。
    だから自分たちも戦いに備えなければならないという声。
    大きな音が私たちに悲しみや嘆きを告げます。
    命から死へと向かっていく音が高々と鳴り響いています。
    希望を告げる音はどこからも聞こえてこない。
    そんな錯覚に陥ります。

    でも、かき消されてしまっている
    小さな音に私たちは耳を澄まし続ける必要があると私は思うのです。
    神が望んでいる世界のあり方は何なのか。
    「トントントン」
    「なんの音?」
    と問い続けなければなりません。
    墓を開いて、復活の希望を与えてくださった神は、
    死から命へと向かっていく音が
    この世界に響き渡ることを心から望んでいます。
    死から命へと向かっていく、そんな小さな音を
    私たちは拾い上げていかなければなりません。
    平和をつくる音を拾い上げ、
    わたしたち自身もその音に加わり続けていきたいと思うのです。
    「トントントン」
    「なんの音?」
    私も、そしてみなさんも、
    何が平和を告げる希望の音になるのかを探し続けています。
    この命から死へと向かっていく音が鳴り響く世界の中で、
    その音を逆転させ、死から命へと向かっていく希望の音が
    一体どこにあるのかを探し続けています。
    でも、そんな音を探している最中であっても、
    既に、たしかに鳴り響いている希望の音を私たちは知っています。

    「トントントン」
    「なんの音?」
    それは、エゼキエルの幻の中で骨が動いた音。
    死者に命を与えた、神の風が吹いた音。
    そして、イエスさまの遺体がおさめられていた墓が開いた音。
    死から命へと向かっていく、そんな小さな音は、
    既にこの世界に鳴り始めています。



週報より

  • 2022.04.24 週報より抜粋・要約

  • ・きょうの礼拝は、稲葉基嗣先生の担当です。
    今年度は月に一度、
    稲葉牧師に礼拝を担当していただきます。
    皆さまどうぞお楽しみに。

    ・5月の月例教会役員会は
    第二日曜日(8日)に開きます。
    教会役員の皆さまはよろしくお願いします。
    役員会へのご提案・要望などがあれば
    お知らせください。

    ・26日火曜日は日本キリスト教協議会
    常議員会が開かれます。
    学牧師がオンラインで参加します。
    28,29日は、
    アジア太平洋地区神学教育委員会が開かれます。
    これも学牧師がオンラインで参加します。

    ・教会駐車場をご利用のみなさまにお願い
    駐車スペースが時々不足しますので、
    一列四台の駐車をお願いします。
    駐車案内係を新たに設けますので、
    申し込んでください(新用紙あり)。

    ・稲葉先生夫妻からのお知らせ
    来週5月1日の礼拝後、
    別館牧師館のオープンハウスをします。
    皆さま、礼拝後ぜひいらしてください
    (詳しくは稲葉先生から)


    ・書き損じ・出し忘れのはがきをください
    (アジア学院に寄付)
    ・洗礼(バプテスマ)・転会をご希望の方は
    牧師にお知らせください。


    小山駅・教会間の送迎(9:45東口出発)があります。
    詳しくは牧師にお尋ねください。


  • 以上

フッター画像