<待降節第2主日>

2020年12月6日()   礼拝説教
画像

闇の中に光が輝く  (石田 学牧師)
画像画像 説教は音声付きです。

説教ヘ   先頭へ   back to 説教 目次 ページ  サイトマップ  Top page (index) へ

◇ 聖書  < 新共同訳 >

1) 旧約聖書


創世記1:1−5

◆天地の創造

1 初めに、神は天地を創造された。
2 地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、神の霊が水の面を動いていた。
3 神は言われた。「光あれ。」こうして、光があった。
4 神は光を見て、良しとされた。神は光と闇を分け、
5 光を昼と呼び、闇を夜と呼ばれた。夕べがあり、朝があった。第一の日である。
2) 新約聖書

ヨハネによる福音書1:1−5


1 初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。
2 この言は、初めに神と共にあった。
3 万物は言によって成った。成ったもので、言によらずに成ったものは何一つなかった。
4 言の内に命があった。命は人間を照らす光であった。
5 光は暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった。

(聖書 終り)

   聖書へ   先頭へ   説教 目次 ページ   サイトマップ   back to top
  下記説教部分は文字サイズの変更が可能です。(但しブラウザ環境により異なる)
     (初期値は4。 数字が大きいほど文字サイズは大きくなります。 )

  
        〈例〉  サイズ3 ←→  サイズ←→  サイズ5 
        サイズ指定後は、もう一度左クリックして 反転表示の数字を通常表示に戻し確定させて下さい。
  画像この礼拝での説教を音声により聞くことができます。     時間 :約22分
      
パソコンの環境に合わて再生方法を選択して下さい。
      ダウンロード/直接再生 --->データ  ① WMA形式、2.3MB   ② MP3形式、5.3MB
     【参考】 Windowsでは:主にWMaおよびMp3    MaCでは:主にMp3    (例外もあります。)

◇ 説教 
(石田 学牧師)         2020年12月6


闇の中に光が輝く


きょうはヨハネ福音書1:4−5から、

説教を準備させていただきました。

この箇所はとても翻訳が困難で、

解釈も難しい箇所です。

単語や文法は簡単なのですが、

幾通りにも受け取ることができ、

どれが適切な理解なのかは、

人によって異なるからです。

きょうの中心的な箇所ではありませんが、

1−3節も簡単に触れておきましょう。

福音書を書いたヨハネは1−3節で、

万物が神の言(ロゴス)によって創造され、

すべてのものは言によって成ったと語ります。

「初めに神は天地を創造した」と、

創世記は語り始めますが、

ヨハネはそれを受けて、

神による創造は神の言によったのだと告げ、

創世記の記述を説明しています。

万物が言によって創造されたことを踏まえて、

ヨハネは4節を続けます。

  言の内に命があった。

しかし、この日本語訳はだいぶ曖昧で、

意味がわかりにくいです。

これでは、命が言のどこかに、

部分的に存在していたかのようです。

最新の聖書協会共同訳はこう訳しています。

  言の内に成ったものは、命であった。

こちらの方がだいぶ良いように思います。

それでも、まだわかりにくいですね。

ヨハネが言おうとしているのは、

言が命の創造主であり、

言が命の源だということです。

聖書が最初に語る大切なことは、

神が天地を創造したということです。

ヨハネ福音書はこの創世記の言葉を受けて、

「万物は言によって成った」と告げます。

神はこの物質世界を創造なさいました。

神が創造したのは物質だけでしょうか。

いいえ。

この世界は物質だけで成り立ってはいません。

もしこの世界が物質だけだとしたら、

世界の存在は神にしか認識されません。

もし命が存在しないとしたら、

この世界の存在もまた無意味です。

世界の存在は誰にも知られないのですから。

神は、物質に宿る仕方で命を創造し、

あらゆる命の最後に、

人の命を創造なさいました。

わたしたちの命は神の言によって創造され、

神の言がわたしたちの命の源です。

わたしたちは物質的な意味だけでなく、

命そのものを神の言から受けています。

神の創造は、命の創造を目指したのであり、

その完成こそが、人の命です。

創世記は天地創造の出来事をこう語ります。

  初めに、神は天地を創造された。

  地は混沌であって、

  闇が深淵の面にあり、・・

この記述が告げることは明らかです。

神が天地を創造したとき、

闇がすべてを覆っていたということです。

無限の闇の拡がり、闇の支配に対して、

神はこう言われました。

  光あれ。

すると光がありました。

神による光の創造です。

そして、創世記は、

闇に対して光の輝きが増し加えられてゆく、

そのような仕方で創造のを語るのです。

それはまるで、

闇の中に次々と輝く光が生み出され、

多様な被造物が出現し、

あたかも静まり返ったコンサートホールで、

楽器が一つずつ音を奏で始め、

しだいに多様な音が共演して響きわたり、

フル・オーケストラが交響するかのよう。

そのような仕方で世界は造られてゆきます。

そして、もっとも創造を輝かせるのは、

命の創造であり、

人の命が与えられる時です。

神の創造は、深淵に広がる闇への対抗であり、

もっとも力強い闇への勝利こそが、

命の創造です。

だから、闇の反対語は命であり、

命の反対語は闇だと言えるでしょう。

闇の反対語は光ではないのかって?

はい、そうです。

だからヨハネはこう言うのです。

  この命は人の光であった。(共同訳)

命は光。

命の対極は闇。

命が失われることは闇の勝利です。

なぜ人は死を恐れるのか。

その理由がここにあります。

死は闇の象徴であり、闇そのものだからです。

人の力で死を滅ぼすことができないように、

人の力では闇に立ち向かうことはできず、

闇に勝つことはできません。

いったい誰が死に対して、

そして闇に対抗して、

闇に打ち勝つことができるでしょうか。

闇の中に光を創造した方、

命の創造主である神だけです。

人は光を作る方法を発明しました。

火を使って闇を自分の周りから追い払い、

いろいろな燃料を工夫し、

原子力の火を灯し、

電球や蛍光灯やLEDを発明しました。

自分の魂を明るく照らすため、

富を蓄積し、身分階級で人の上下を作り、

宝石や金銀を身に付け、

陛下や閣下や将軍や社長や先生と呼び合い、

光輝く世界を創り出してきました。

しかし、しょせんは物質的な光。

それらはいくら輝かせても、

まことの光である命は得られません。

命の源である創造主、

神の言、それだけが、

人の命の望みです。

わたしたちの命は闇に囲まれています。

常に虚無に脅かされ、

闇の脅威にさらされています。

いったいだれが言えるでしょうか、

わたしの命は永久に安泰だと。

「明日も元気に頑張ろう」とは言えても、

明日の命すら保証できません。

あらゆる病がこの世界に溢れています。

がんや心臓病や脳血栓、内臓疾患、

定番のもろもろの病気に加え、

新型コロナウィルスの脅威にさらされ、

たぶんこれが最後の病気ではないでしょう。

闇の力はそのような仕方で身近にあります。

災害、暴力、敵意、破壊、老い、

挫折、失望、無力感。

わたしたちは自分で思う以上に、

わたしたちを飲み込もうとする、

諸々の闇の脅威にさらされています。

こうした闇の力に立ち向かうことは、

わたしたち自身にできることではありません。

ただ一人、

わたしたちの光である命の源、

神の言だけがその力を持つ方です。

だから、わたしたちは信じ、望みをおきます。

人となって世に来られた神の言、

わたしたちの主キリストを。

人の命の源である神の言キリストだけが、

闇に勝つ光の創造主だからです。

キリストを信じるとはいったいどういうことか。

その意味をよく理解しておきたいと思います。

キリストを信じるということは、

わたしたちの命の源が神の言、

キリストであるということです。

永遠の言であり命の源である、

キリストの命と結ばれることによってのみ、

わたしたちの命が、

一時的なものではない、永遠の命と結ばれます。

だから、わたしたちは心しておきましょう。

まことの光である神の言、

神の独り子キリスト以外の、

どこかに、あるいは何かに、

まことの光を求めることは間違いだと。

まことの光以外は、

それが何であれ、この世の何か、

すなわち物質的な光にしか過ぎず、

それらは一時的であって、

闇に勝つことはないからです。

神は万物を創造なさいました。

しかし、闇を消し去ったわけではありません。

この世界は、いわば深淵の間に造られました。

神の創造は深淵の間に光をもたらしましたが、

この世界が今も闇の淵にあることは、

世界の現実が証明しています。

最近、わたしはニュースを見るのが嫌です。

どれほど今の世界に闇が拡がり、

虚無の支配が迫っているかを、

つぶさに実感させられるからです。

アメリカの大統領選挙で、

わたしはつくづく思わされました。

なんと多くの人たちが、

力と強さの幻想に魅了されることか、

なんと多くの人たちが、

自分の信じたいことを信じることか。

それが偽りであっても、

根拠のないことであっても、

世界をいっそう混沌に向かわせても、

そんな幻想に浸らされ、

闇の欺きにだまされる人の、

なんと多いことか。

新型コロナウィルスの問題も含め、

世界はいま闇の力に侵食されています。

だが、わたしたちは闇に怯える必要はなく、

恐れに身をすくめて生きる必要もありません。

「光あれ」と言われた光の創造者、

わたしたちの光である命の源、

神の言が人となって世に来られ、

わたしたちを照らす光となられたからです。

闇の中に、キリストという光が輝いています。

闇はこの光に勝つことがありません。

わたしたちが使用している新共同訳聖書は、

5節をこう訳しています。

「暗闇は光を理解しなかった」。

以前の口語訳聖書は、こうでした。

「やみはこれに勝たなかった」。

「理解しなかった」と、

「勝たなかった」。

同じ動詞なのに、

どうしてこんなに違う訳になったのか。

その理由はわかっています。

この動詞は両方の意味を持っているのです。

どちらに解釈するかで、

この言葉の意味が全く異なってきます。

結論から言いましょう。

「闇は光に勝たなかった」。

そのように訳すべきです。

最新の聖書協会共同訳がそう訳しています。

  闇は光に勝たなかった。

まことの光である神の言、

キリストに、闇は勝つことがない。

この宣言にこそわたしたちの希望があり、

わたしたちの確信と平安の根拠があります。

わたしたちは、

この神の言、命の源である、

キリストと結ばれているからです。

 

 

 



(以上)

▲ 聖書へ   先頭へ   back to 説教 目次 ページ  サイトマップ  
   back to top